HubSpot

100 "LOVES" of HubSpot
front01 front01_sp

インバウンド思想

Inbound thought

HubSpotが創業当時から提唱する「インバウンド」思想。ユーザーの行動や感情に合わせたコミュニケーションの仕組み。どんなに状況が変わっても、人の行動や感情によりそうことで、やるべきことが見えてくる。

front02 front02

フライホイール

flywheel

顧客の行動に対して企業が取る行動を、ファネル型で顧客を絞りこむと効果的だと言われていたが、インバウンド思想においては「フライホイール型」。顧客を惹きつけ(Attract)、信頼関係を築き(Engage)、満足させる(Delight)。それを終わりなく、ぐるぐるとつなげていく。

front03 front03_sp

働きたい企業No.1

No.1 Companies to Work For

HubSpotは企業レビューサイトGlassdoorの「2020年に働きたい企業」のトップ1に選ばれた。あらゆる人に対して透明性を重要視している強いカルチャーがあり、愛される会社。

front04 front04

顧客満足度の尺度は「喜び」

Customer satisfaction is "joy"

HubSpotのインバウンドマーケティングの核となっているのは、顧客の満足。しかもその尺度は、顧客が喜ぶこと、というとてもわかりやすいもの。システムを使ってみても、人に焦点があっていることが理解できる。

front05 front05_sp

カルチャーコード

Culture code

企業として「こうありたい」を言語化して、日々の行動指針とするHubSpotのカルチャーコード。価値観や信条、習慣を共有することで、魅力的で愛着のある企業文化をつくる、という考えがある。

front06 front06_sp

400万人が哲学を共有

4 million people share philosophy

HubSpotの社内向けの内部資料としてつくったカルチャーコード。透明性を重視するHubSpotは、これを世界中に発信。スライド資料の総閲覧者は400万人にものぼる! 会社の哲学を全世界に共有する懐の深さ!

front07 front07_sp

HEART

HEART

HUMBLE(謙虚)、EMPATHETIC(共感性)、ADAPTABLE(柔軟性)、REMARKABLE(卓越した長所)、TRANSPARENT(透明性)。頭文字をつなげて、HEART!これがHubSpotの社員の採用、評価、育成の基準になっている。

front08 front08_sp

相手の気持ちを想像する

imagine their feelings

相手の立場で考えるだけでなく、相手の気持ちまで想像すること。同僚、取引先、顧客、すべての人に対して、その判断基準で行動するカルチャーがHubSpotには浸透している。

front09 front09_sp

哲学=製品

Philosophy = marketing

社内で共有される哲学と製品が、これほどにもリンクしているシステムはほかにない、きっと。「人」の気持ちを大事にして、その「人」の気持ちによりそっていく企業文化が製品にも表れている。

front10 front10_sp

愛がある

Have love

HubSpotのカルチャーコードや、製品に対するキーワードとして「愛着」が登場する。愛着を持てる企業カルチャーなのか、愛着を持てるシステムなのか、その基準に「愛」がある。

front11 front11_sp

人の行動は変わる

Human behavior changes

HubSpotが創業当時から提唱する「インバウンド」思想。ユーザーの行動や感情に合わせたコミュニケーションの仕組み。どんなに状況が変わっても、人の行動や感情によりそうことで、やるべきことが見えてくる。

front12 front12_sp

ウエルカム!

Welcome!

ボストンのHubSpotでの研修で、あまりにも熱烈な歓迎に泣いてしまった株式会社100のスタッフも。相手のことを喜ばせるために一生懸命に考えてくれる。その社風はシステムの考え方そのもの!

front13 front13_sp

手法でなく、姿勢

Posture, not technique

顧客の欲しているものや課題を、先回りして考えて、有益な情報として提供する。手法として捉えるのではなく、姿勢として貫くことがHubSpotのインバウンドの考え方。

front14 front14_sp

デジタルだけど、人間的

though Digital, humanly

人のことを第一に考えているHubSpotは、システムも人間的。ユーザーインターフェースは使いやすいようにかなり考えられている。体感しながら理解できる。

front15 front15_sp

情報共有スピードアップ

Speed up information sharing

マーケティング、営業、カスタマーサポートをオールオンワンで行うことができる。例えば一人の顧客情報を各部署で情報共有できれば、営業フォローやサービスの質向上にもつなげる施策が打てる。

front16 front16_sp

ALL IN ONE

ALL IN ONE

HubSpotはCRM、マーケティング、営業、サポートの統合プラットフォーム。ビジネスを成長に導くプラットフォーム。

front17 front17_sp

誰でも使える

Anyone can use

専門知識がなくても使いやすいUI設計と、充実したサポートの提供がある。とにかく、HubSpotは使う人のことを考えに、考え抜かれたシステム。

front18 front18_sp

去る者追わず

not pursue whoever goes away

システムのサブスクで解約がわかりづらかったり、難しいシステムがあるが、HubSpotは、使うことが簡単であることと同時に、やめることが簡単であることも重要視している。

front19 front19_sp

拒否する権利は顧客に

The right to refuse is given to the customer

HubSpotのシステムでは、メールを顧客に一方的に送信できないように設定する機能も。顧客の方に選ぶ権利がある、という考え方。

front20 front20_sp

愛用を重視

Emphasis on patronage

使って、活用して、さらに愛用してもらうこと。HubSpotでは、顧客満足をはかる際に、機能やシステムを使い込んでいるかどうか「愛用」をチェックしている。

front21 front21_sp

カスタマイズ

Customize

HubSpotの良さは、企業の規模や業種、目的、課題によって、機能を取捨選択することができる。株式会社100では、導入時にマーケティング戦略や、営業の組織構築のサポートを行っている。

front22 front22_sp

オープン!

Open!

HubSpotのカルチャーコードにもある「透明性」。とにかく隠すことなく、なんでもオープンにできることがHubSpotのシステムとしての良さにつながっている。

front23 front23

成長がテーマ

Growth theme

HubSpotは、ビジネスの成長プラットフォーム。顧客とのつながりを支援することで、ビジネスの成長に導く。それが、最大のミッション!

front24 front24_sp

進化し続ける

Continue to evolve

顧客を喜ばせること、人の行動を軸においたインバウンド思想の基盤は変わらず、時代とともに進化し続けるシステム。基盤が揺るぎないからこそ、変化にも柔軟に対応できる。

front25 front25

シンプルに考える

Think simple

HubSpotのカルチャーコードの中にある「シンプルに考える」。複雑そうに見えているものでも、蓋を開けてみるとシンプルなもの。複雑に考えるのではなく、シンプルにモノゴトを捉えること。

front26 front26_sp

ユニークであること

Be unique

ユニークでない会社からは、画期的な製品は生まれない。高いリスクを覚悟しなければ驚異的な成果は生まれない。株式会社100のユニークであるところは、HubSpot愛がハンパないところ!

front27 front27_sp

惹きつける

attract

インバウンドマーケティングは、顧客自身が情報収集をして、その中から選んでもらう、という顧客主導の考え方。無理矢理振り向かせるのではなく、魅力を創造し、伝えて、惹きつける努力が必要ってこと。

front28 front28_sp

ペルソナは、一人の人間

Persona is a human being

これから信頼関係を築こうとしているのは、生きた人間だということ。インバウンド思想の根底には、その考え方がある。

front29 front29_sp

時間を大切にする

Cherish time

人の行動、感情によりそうということは、その人の時間を大切に考えるということ。相手の立場にたって、その人が望む方法や時間、場所で接することを心がける。

front30 front30

中小企業から導入

Introduced from

インバウンド思想をもとにしたHubSpotは、1人の中小企業から使えるように考え抜かれたシステム。企業の規模や業種、業態によってカスタマイズできるところが強み。

front31 front31_sp

人にフォーカス

Focus on people

ページを訪問した、クリックした、ここに興味がありそうだ。ユーザーの行動から、有益な情報を得られるところが、導入企業から喜ばれている。

front32 front32_sp

UGJ

UGJ

Use Good Judgementの略。顧客のため、会社のため、チームのため、自分のため。優先順位を守って、その中で最善の判断をする。HubSpotのカルチャーの根底に流れている考え方。

front33 front33_sp

会社のルールが少ない

There are few company rules

UGJ(Use Good Judgement)に基づいて、HubSpot社員一人ひとりが責任をもって判断することを優先するため、会社としてのルールが極端に少ない!

front34 front34

ジャーマネ

manager

HubSpot社の管理職マネージャーは、芸能人のマネージャーに近い。いわゆる、ジャーマネ。社員のポテンシャルを高めるためのサポート役に徹している。

front35 front35_sp

unlimited!

unlimited!

UGJ(Use Good Judgement)の考え方に基づいて、有給休暇は無制限! いつでも、どこでも休んでもいいという話。

front36 front36_sp

花粉症で沖縄勤務!?

Worked in Okinawa due to hay fever!?

有給休暇無制限のHubSpot社では、働き方が選べる。花粉症がひどい社員が、春先には沖縄でリモート勤務していることも!

front37 front37_sp

価格は100%公開

Price is 100% public

HubSpotは社内も、製品に対する情報も、透明性が高い。ソフトウエアの価格を100%公開しているのは珍しい。

front38 front38_sp

ミーティング内容を可視化

Visualize meeting content

透明性を重要視するHubSpotは、ミーティング内容がすべて記録されている。自己責任。働き方は自由だが、ちゃんと仕事していないとバレてしまう、とか。

front39 front39_sp

カスタマーサクセス

Customer success

顧客が本業に集中できるようなシステムの構築をめざしている。企業のカルチャーも、製品そのものも、カスタマーサクセスが最大の目標。

front40 front40_sp

働き方が選べる

You can choose how to work

週3日以上勤務の、@Office、週1日のオフィス勤務の@Flex、そして完全リモートの@Remote。HubSpot社では働き方が自由に選べる。

front41 front41_sp

全方位

all directions

HubSpotは、1人からの中小企業が経営の基盤を築くことを前提に全方位で設計されている。

front42 front42_sp

スムーズ!

Smooth!

HubSpotのオールインワンは、連携、連携のつぎはぎではなく、つながった状態で最初からあるもの。営業、マーケティング、カスタマーサポートの担当者が、同じ情報を共有できることで、顧客との関わりもスムーズに。

front43 front43_sp

創始者が現役

Founder is active

HubSpotの創始者であるブライアンとダーメッシュが、現役! その考え方が、企業のカルチャーとして隅から隅まで浸透しているのは、ここに理由がある、きっと。

front44 front44_sp

カルチャーの専任者がいる

PIC in culture

HubSpotには企業文化に関わる、カルチャーの専任者がいる。しかも、カルチャー担当として採用されている!! それほどHubSpotにとってカルチャーが大事かわかる。

front45 front45_sp

LINK!

LINK!

HubSpotの企業カルチャーと、製品システムの考え方がリンクしている。製品と会社の文化がつながっているところがすごい。

front46 front46_sp

重役会議の情報まで透明化

Transparency of board meeting information

とにかく情報の透明化、一元化に徹しているHubSpotの企業カルチャー。重役会議ひとつでも社員が共有できるとか!!

front47 front47_sp

KPI

KPI

HubSpotでは「解約率」と「どれくらい使われているか」をKPIとしている。つまり、愛用、愛着がその指標になっている!

front48 front48_sp

クールな製品!

Cool product

現在、HubSpotの社員として内部にいる人が、その昔、HubSpotのことを「カッコいい製品だ」と憧れていた、と。その話に、納得できる!

front49 front49_sp

ゴールまで伴走、その後も

Run in parallel to the goal, then continue

何らかのゴールがあってHubSpotを導入する顧客に対して、その目標を実現することがHubSpot自体の目標にもなる。目標実現まで積極的なアドバイスを行うことをHubSpotは徹底している。

front50 front50_sp

多様性

Diversity

IT系出身だけでなく、いろんな業界出身の社員がいるHubSpot社は、まさに多様性のある会社。

front51 front51

インサイダー

insider

入社したら、全員がインサイダー扱いとなるHubSpot。社員には何でも見せる、重役会議の内容まですべて見せる。そこには、社員を信頼しているというメッセージが!

front52 front52_sp

関係性を大事にするシステム

A system that values relationships

顧客中心にまわっているシステムは、つまるところ人と人との関係性を重要視しているシステム。関係性を良くするためには、と試行錯誤される。HubSpotのカルチャーを理解すると腑に落ちる。

front53 front53_sp

買いたいように、買える

You can buy as you want

システムとしてのHubSpotを、顧客がどう使って、どう生かしていきたいのか。そのために、どう組み合わせて買うのか。買いたいように、買えるシステム。つまり、柔軟ってこと。

front54 front54_sp

フレンドリー

Friendly

結果重視だけど、社内はギスギスしていない。困った時は、誰かが手を差し伸べる。そんな社風は、HubSpotのカルチャーコードに通じている。さて、この100の項目の中でカルチャーコードがいったい何回登場したか!?

front55 front55_sp

HUMBLE(謙虚)

HUMBLE

消極的で謙虚、という意味ではなく、自分自身を冷静な目で客観しできる姿勢。HubSpotが重要視している5つの特性のうちのひとつ。

front56 front56_sp

EMPATHETIC(共感性)

EMPATHETIC

同僚、取引先、顧客を、尊重する。しかも、思いやりをもって。これまでHubSpotと関わりを持つ中で、これはヒシヒシと感じるコト。

front57 front57_sp

ADAPTABLE

ADAPTABLE

HubSpotのカルチャーコードにある、重要視している特性のひとつ。好奇心を失わず変化を恐れない。生涯にわたって学ぶ姿勢を忘れない。

front58 front58_sp

REMARKABLE

REMARKABLE

自分なりの卓越した長所を大切にする。それは、HubSpotの多様性につながっている。

front59 front59_sp

TRANSPARENT

TRANSPARENT

自分が持っている知識やノウハウも、惜しみなく共有する。情報を共有することで、人の成長、企業の成長につながる、という思想。

front60 front60_sp

成功をシェア

Share success

カルチャーコードの中に「成功とは自分だけのものではなく、自分を信じてくれた人と分かち合うもの」とある。これは、システムとしてのHubSpotの機能にも、その考え方が生きている。

front61 front61_sp

結果>時間

Result > Time

費やした時間よりも、そこで得られた結果重視。そして、その結果はカスタマーサクセス!

front62 front62_sp

メシトモ

go with rice

HubSpotでは、カルチャー専任担当者が段取りして、社員4、5人集まってごはんを食べる機会をつくってくれる「メシトモ」という取り組みがあるとか!(参加してみたいっ)

front63 front63_sp

不変と進化

Immutable and evolution

不変なものは、コアバリュー。顧客中心の考え方は変わらずに、それを実現する方法は時代に合わせて進化する。

front64 front64_sp

同じ画面を共有

Share the screen

営業、マーケティング、カスタマーサポートの各部署の担当者が、顧客の情報を同じ画面を見ることができるのは、オールインワンのCRMシステム、HubSpotならでは。それによって、サービスの質が変わる!

front65 front65_sp

ループ!

loop!

ファンになった顧客によって口コミで広がって、また次の顧客につながる。このループこそが、HubSpotのフライホイールの考え方。ぐるぐるまわるその中心には、常に顧客が存在する。

front66 front66_sp

ゴールはカスタマーサクセス!

The goal is customer success

HubSpotの営業は、責任をもって売ることが、カスタマーサポート。ただ、売ることが目的ではなく、その先にあるカスタマーサクセスがゴール。

front67 front67_sp

経営者としての理想

Ideal as a manager

企業の考え方、重要視しているカルチャーが、そのまま製品の考え方になっている。「カルチャー=製品」のあり方は、経営者としても理想とする形。株式会社100も、ここをめざしている。

front68 front68_sp

成長に役立っているか

Is it useful for success?

「企業の成長」つまり、カスタマーサクセスに役立っているか。つねにその目線でHubSpotの製品は考えられ、企業の文化も成り立っている。

front69 front69_sp

ポテンシャル

potential

HubSpotの社内には、日本の経済を変えたい、という意識がある人が多い。インバウンドマーケティングに共感するのは、そこにポテンシャルを感じているから。

front70 front70_sp

オレンジのペンキが売り切れに!?

Orange paint is sold out! ?

マサチューセッツ州ケンブリッジのHubSpot本社の創業は、2005年。当時、その地域のホームセンターではHubSpotのロゴカラーであるオレンジ色のペンキが売り切れたとか!!

front71 front71_sp

HubSpotチャンピオン!?

HubSpot Champion !?

株式会社100の代表田村慶は、2020年にHubSpot Community Championに認定。日本では初、世界でも49人目の認定となった。コミュニティでの投稿数や、投稿者の悩みや疑問に対する回答などの活動実績が評価された。好きすぎて、チャンピオンに!

front72 front72_sp

顧客の成長に伴走

Accompanied by customer growth

複雑な課題を抱える組織や、規模が大きくなった企業からのオーダーがあると、HubSpotから株式会社100に指名オーダーが!

front73 front73_sp

2012年

2012

2016年にHubSpot Japanが設立される以前から、HubSpotにコミットしている(つまり愛用している!)株式会社100代表の田村。

front74 front74_sp

解約ゼロ

Zero churn

2021年4月現在、株式会社100がパートナーとして担当したクライアントのHubSpot解約率はゼロ! これは(大きな声で)自慢したい。

front75 front75_sp

パートナー支援

Partner support

HubSpotのパートナーに対して、初期導入支援、教育、講習を株式会社100は支援している。クライアント向けのプロジェクト支援、HubSpot関連サービスの立案など、オーダーメイドで支援プランを作成している。

front76 front76_sp

複雑な案件は100

100 complicated cases

HubSpotのことが好きすぎて、システムについて精通している株式会社100にはHubSpotから直接オファーが。大きめな案件や複雑な案件なら100に任せよう、という空気があるとか(ありがたい話です)

front77 front77_sp

ティア

Tear

HubSpotパートナーに対して、エリート、ダイアモンド、プラチナ、ゴールドと、ティアが設けられている。ティアの基準は、HubSpotを売るだけでは判断できないようになっている。使い続けて、愛用してもらってこそのHubSpot!

front78 front78_sp

ダイアモンドパートナー

Diamond partner

株式会社100は、HubSpotのダイアモンドパートナーに認定されている。ティア基準を満たし(つまり顧客満足度の高いサービスを提供していること!)高い評価を得た。

front79 front79_sp

外から見ても愛の塊!?

A lump of love even from the outside !?

HubSpotダイアモンドパートナーとして信頼を得ている田村に対して、HubSpotの社員からも「HubSpot愛の塊だ!」とのコメントが!

front80 front80_sp

フィードバック

feedback

これまで、HubSpotに対して「カスタムオブジェクトの使い勝手が悪い」などの、フィードバックを株式会社100からフィードバックし、改善要求することも。

front81 front81_sp

ロールモデル

role model

既存、新規のパートナーに対しても、成功事例を伝えていけるような株式会社100に期待が寄せられている。がんばらねば。

front82 front82_sp

パートナー向けのセミナー

Seminar for partners

HubSpotのパートナー向けの講習会などの講師にも選ばれる株式会社100代表の田村。パートナービジネスの成功事例にも貢献できている!?

front83 front83_sp

100の成長にもコミット!?

Commit to 100 growth !?

HubSpotの直販クライアントにも、HubSpotパートナーとしてアドバイスすることがある株式会社100。HubSpotの担当者にも、100の成長を願う人がいる!?(重ね重ね、ありがたい話です)

front84 front84_sp

誰よりも熱く語れる

Can talk hotter than anyone

株式会社100の代表、田村は、2012年からHubSpotを使い続ける、根っからのHubSpotLOVER。日本初のコミュニティチャンピオンに選ばれるなど、誰よりもHubSpotのことを熱く語ることができる自信がある。

front85 front85_sp

HubSpotが共通言語

HubSpot is a common language

HubSpotの企業の考え方、哲学、システムのあり方、仕組み、人との関わり方などにコミットしている。株式会社100としての考え方にも、HubSpotの哲学が脈々と流れている。

front86 front86_sp

実はコンテンツ制作が得意

Actually, I am good at content production

インバウンドマーケティングで、コンテンツ制作はかなり重要な要素。株式会社100は、webサイト制作会社出身者が多く、顧客を惹きつけるコンテンツの企画・制作の提案ができる。

front87 front87_sp

カフェも運営している

Also runs a cafe

株式会社100は「世田谷百貨店」というカフェ・雑貨屋を運営している。ワークショップを開催するなど、場づくりにも注力している。実店舗でお客さんの動きを研究している!?

front88 front88_sp

筋肉の専門家がいる

Have a muscle specialist

株式会社100には、大学でスポーツ学部を専攻し、筋肉を研究していた経験の持ち主がいる! 筋肉の動き研究から、顧客の動きを見るマーケティングの戦略設計へ!?

front89 front89_sp

サッカーの練習週に4回!

Soccer practice 4 times a week

社会人のサッカーチームに所属している代表の田村は、多い時で週に4日、サッカーの練習に通っている。HubSpotと同じくらいの熱量で、サッカーにも打ち込んでいる。

front90 front90_sp

HubSpotユーザーから転職!?

Change jobs from HubSpot users !?

スタッフの中には、企業のインハウスマーケティング出身者がいる。HubSpotの愛用者だった経験をもとに、HubSpot運用のサポートをしている。

front91 front91_sp

海外展開もサポート

Supports overseas expansion

海外展開に対しても、海外での業務経験のあるスタッフがサポート。制作、マーケティングなどの視点からユニークな提案を行う。HubSpotを起点にした幅広い企画・提案が得意。

front92 front92_sp

CEOブライアンとの感動の出会い

Impressive encounter with CEO Brian

HubSpot本社でCEOのブライアンと会うなり、握手やハグで歓迎されて思わず泣いてしまった社員がいる。そこから、HubSpotへの愛も強まった!?

front93 front93_sp

熱量はどこにも負けない

The amount of heat is second to none

株式会社100のHubSpotに対する愛と熱量は、どこにも負けない。HubSpotジャパンが設立される以前から、HubSpotを愛用し、啓蒙してきた経験から、深く、熱く、HubSpotのことを語れる。

front94 front94_sp

札幌からリモート支援

Remote support from Sapporo

株式会社100は、東京都世田谷区を拠点に、札幌にも社員が常駐している。サポートはリモートで行っている。今後、全国に社員の輪を広げていきたい。

front95 front95_sp

HubSpot CMS Ninjaがいる

There is HubSpot CMS Ninja

株式会社100には、HubSpot CMS Ninjaこと半田が在籍し、数々のHubSpot CMS構築経験がある。多種多様なWebサイトとHubSpotの活用サポートが可能。

front96 front96_sp

CRMの連携開発も得意

Also good at CRM cooperation development

CDATA社のパートナーでもある100社は、HubSpot CRMと他のシステムの連携開発を数多く手掛けている。HubSpotを拡張するための開発はお任せください。

front97 front97_sp

Super Kinokoを開発中

Under development of Super Kinoko

スーパーマリオをパワーアップさせるキノコのように、HubSpotをパワーアップさせるSuper Kinokoを開発中。まずは、HubSpot Formに郵便番号の自動入力機能を提供。順次機能追加予定、乞うご期待。

front98 front98_sp

2020年Rookie Of The Yearに

In 2020 Rookie Of The Year

2020年のアジア環太平洋地区で、最も優秀な新パートナーに送られるRookie of The Yearを日本企業で初めて受賞。アジアNo.1の称号をいただきました。2021年には、Best Partner in Japanを受賞しました。

front99 front99_sp

HubSpotでのWeb制作のプロが合流

Web production professionals at HubSpot join

HubSpot CMSを利用したWebサイト制作実績が豊富な、HubSpotプラチナパートナーの株式会社パンセを2021年2月に子会社化。HubSpotの活用支援とコンテンツ制作を融合した、サービス提供が可能に。

front100 front100_sp

愛の伝道者

Evangelist of love

2012年にHubSpotと出会い自ら愛用して、愛着をもってビジネスに展開し、その愛を伝えるべく、エバンジェリストとして活動する株式会社100の代表、田村。その伝導の旅は、これからも続く。

We are HubSpot LOVERS

ビジネスの成長プラットフォームとしての魅力はもちろん、
HubSpotのインバウンドマーケティングという考え方、
顧客に対する心の寄せ方、ゆるぎなく、そしてやわらかい哲学。
そのすべてに惹かれて、HubSpotのパートナー、
エキスパートとして取り組んでいます。
HubSpotのこと、マーケティング設計・運用、
組織の構築など、どんなことでもお問い合わせください。

HubSpotのことならお任せください

お問い合わせフォーム