100ものがたり

Story of 100inc

100全員集合!2022年上期の【レビューMTG】をオフラインで実施しました◎

名称未設定のデザイン-12022年7月7日〜7月8日の2日間。前回のキックオフミーティングから半年が経過し下期に突入したこの7月、上期振り返りのレビューミーティングを全社で実施しました。
二子玉川の素敵なカフェを貸し切り、ワークショップや懇親会を実施しましたので、その様子をお届けします。

新たなメンバーも加わり、パワーアップした100(ハンドレッド)で、会社や自分自身について深く考える2日間になりました。

 
 
 

1日目①|上期の振り返り共有会

期初に掲げた目標に対して、会社全体・チームごとに振り返りを共有。今期予算についても、予算通り(多少上振れ)で上期は達成できました👏 みなさんの頑張りのおかげですね。

「Keep(続けるべきこと)」「Problem(抱えている課題)」「Try(次にトライすること)」

この3つをチームごとに発表。全員の課題感のすり合わせを行いました。

 

1日目②|「HubSpotのことなら100」とは。

続いて、ワークショップを実施。ファシリテーターはおなじみ、LifeStocks社の狩野さんです。

100が掲げるビジョンである「HubSpotのことなら100」とは、具体的にどういうことなのか。各々の考えを書き出し、チーム内で共有。
さらにこのビジョンを達成した先にはどんな景色があるのか、そして達成するまでの道のりにはどんな展開が待っているのか、想像してストーリーを作成しました。


各チーム、とてもユニークなストーリーが完成しましたが、全員の目指す方向性は同じで安心しました。

 

 

1日目③|懇親会 〜カフェメンバーも合流〜

さて、夜はお楽しみの懇親会。
100が運営するコミュニティカフェ「世田谷百貨店」のメンバーも合流し、食事やレクリエーションを楽しみました。

社内の”交流”を目的としたレクリエーションですが、参加者のお目当てはやはり、”豪華景品”。笑

今回も”札幌のママ”こと金澤さんが”自分では買わないけど貰ったら嬉しいもの”ということで景品をチョイスしてくださいました。

景品をかけた熱い戦いが繰り広げられました。

 
 
 

2日目|自分史からみる”情熱の原点”

1日目は会社についてのワークでしたが、2日目は自分自身に向き合う時間です。
進行役は、HUGの司会でもお世話になったロアネル麻奈美さん。

これまでの人生において、自分の感情が大きく揺れ動いたトピックを書き出し、人生の感情曲線を作成しました。そして自分の情熱が高まるきっかけ(原点)は何なのか、チームからのフィードバックによっていろんな気づきがありましたね。

(写真は寛次郎さんの人生曲線の例。最終目標は『北の国から』のような生活!素敵です👏)

 

全員の「情熱の原点」であるキーワードとそのストーリーを発表して、ワークショップは終了。

2日目の午後は、チームごとのフリータイム。

1on1やランチミーティングなど、有意義な時間を過ごしていただけたのではないかと思います。

 

 

今回もなにかと盛り沢山でしたが、100らしいユニークな会になったのではないかと思います。オフラインでのコミュニケーションやイベントは定期的に実施したいですね。

次回の全員集合は、9月にボストンで開催される「INBOUND2022」。全員で海外、どんなストーリーが生まれるのでしょうか。とても楽しみですね。

それではまた。

 

関連コンテンツ

アーカイブ

We are HubSpot LOVERS

ビジネスの成長プラットフォームとしての魅力はもちろん、
HubSpotのインバウンドマーケティングという考え方、
顧客に対する心の寄せ方、ゆるぎなく、そしてやわらかい哲学。
そのすべてに惹かれて、HubSpotのパートナー、
エキスパートとして取り組んでいます。
HubSpotのこと、マーケティング設計・運用、
組織の構築など、どんなことでもお問い合わせください。

HubSpotのことならお任せください

お問い合わせフォーム