100 Talk

HubSpotの有効的な使い方や、マーケティングや営業、
HubSpotパートナービジネスなどをブログで情報発信しています

データ連携Tips|Excel からHubSpot データを使用、一括編集を実施

この記事では、CData Software社の「Excel Add-Ins」を使って、Excel からデータを HubSpot に移行する方法を説明します。

「CData Excel Add-Ins」は、HubSpot のデータを一度Excel にエクスポートし、編集・データソースの一括更新を行えるだけではなく、Excel スプレッドシートに保存されているデータを一括でHubSpot にインポートすることも可能です。

今回は、Prospects テーブルを使います。同じことが、CData Excel Add-In で取得できるすべてのテーブルに対して実行可能です。excel-trans-0

接続の確立

HubSpot への接続には、Excel Add-in をインストールしたExcel の[CDATA]タブ→[HubSpot]アイコンをクリックします。

HubSpot は、OAuth 認証標準を使用します。組み込みのOAuthClientId、OAuthClientSecret、CallbackURL を使用することも、自分でアプリを登録して使用することも可能です。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

HubSpot データの取得

HubSpot にデータを挿入するには、まず該当するHubSpot のテーブルを取得します。これによりExcel スプレッドシートとHubSpot のテーブルが連携した状態になります。取得したテーブルに対し、変更もしくは追加した部分は文字が「赤」でハイライトされます。

  1. CData リボンからHubSpot ボタンをクリックします。データ選択ウィザードが表示されます。
  2. テーブルもしくはビューメニューから、Prospects テーブルを選択します。
  3. [最大行数]に、取得したい最大行数を入力します。データの一括入力だけが目的の場合は1行だけを取得すれば十分です。リクエストどおりにクエリ欄にSQL クエリが表示されます。
  4. [シート名]に作成されるシートの名前を入力します。デフォルトでは、取得するテーブル名が新しいシート名になります。

HubSpot へのデータの挿入

データ取得後、既存のExcel で保存されているデータを取得したテーブルの下に追加していきます。

  1. テーブルの最終行の下の行に、他のシートを参照する式を入力します。
    例:=MyProspectsSheetInExcel!A1

    xls-qbtrans-3

  2. HubSpot に挿入するセルを参照する式を入力し、セルを取得する行数分ドラグダウンします。テーブルに参照された値が表示されます。

    xls-qbtrans-2

  3. 挿入する行を選択して、CDATA リボンの[行を挿入]ボタンをクリックします。各行の挿入が完了すると、Id の値が表示され、追加した値の文字が赤から黒に変わります。

    xls-qbtrans-1

以上です。

このデータ連携に興味ある方は、「本件に関するお問い合わせ」よりご相談ください。

本件に関するお問い合わせ

Kanjiro Sato

1995年、ネット黎明期のコミュニティに魅せられニフティ社に入社。コミュニティサービスの企画・運営を経験。SNSマーケティングの株式会社コムニコに経営参画後、グループの(株)24−7に合流。採用・PRのほか、札幌でのBPOのほか、2017 APAC Partner of the Year受賞にも尽力。その後、人材エージェントの株式会社ハウズワーク設立を経験し、現在はフリーとして、株式会社100(ハンドレッド)のHR・PR、組織づくり他できることなんでも担当。臆病な豆柴と10歳娘との関係づくりに奮闘中。